広いルーム

需要が上がっている

色々な形をしたレンガ

夏になるとエアコンの需要が一段と上がるとされている。それに伴い電気店、家電量販店などのエアコンの売り上げも年間通して一番売れる時期でもある。専門業者ではエアコン取り付け工事をしており、全ての作業を任せることができる。

Read more

依頼を行なう

倉庫の窓

エアコン取り付けを行う場合、専門業者への依頼が一般的となります。工事をするときには全てを業者任せにするのではなく、自らのアクションによってお得となる道が切り開かれるのです。

Read more

エアコンの購入

レンガ調

エアコンが壊れてしまったり、新築で住宅を購入したりした際には、エアコンを新たに購入するケースがほとんどと言えます。現在は安く取り付け作業を行なう業者もいるため、これなら金銭面で負担になることもありません。

Read more

家庭で普及

ベランダ

エアコンの取り付け・取り外し工事とは

エアコンは、室内の温度や湿度などを調整するための空調機械であり、現在では多くの家庭で普及しているものです。特に夏場には部屋の温度を下げるクーラーに使われ、冬場は暖房に使われ、また室内の除湿のほか、近年は加湿機能の付いたものまでありますし、自動でフィルター掃除をするタイプもあります。 エアコンは高機能化していますが、基本的な構造は変わらず、室内機と室外機、それらを結ぶホースによってなりたっています。取り付けるさいには室内機、室外機を任意の場所に設置してホースによって接続します。電源は室内機側から取るので電源工事は室内側で行うことになります。取り外すさいには取り付けるさいの反対の手順で行いますが、冷媒ガスを室外機内に封じ込める作業が必要になります。

依頼して取り付け取り外ししてもらうには

一般にエアコン工事は、新しいエアコンを購入したさいに業者に依頼して工事を行ってもらうことになりますが、基本的には取り付け工事費用が新しいエアコンの代金に含まれているだけで、取り外し工事費用は別途に支払う必要があります。 一方で、エアコンを移設したいといった場合には、電気工事業者や移設を請け負っている業者に依頼するのが一般的です。電気工事業者を利用するメリットは電源工事を行ってくれるということで、新しく取り付ける場所に電源がない場合に有利です。電源工事を伴わない場合であれば、移設を請け負っている業者や個人でも行うことが可能です。 なお、エアコンの移設工事でポイントとなるのがエアコンホースの加工で、短縮したり延長したりする場合には特殊な工具が必要になります。

注目の記事

オススメリンク

  • 畳・襖・障子張り替え110番

    網戸の張替えをするならまずはコチラのサイトをチェックしてみてください。満足度の高いサービスが受けられますよ。